•  サイトマップ
  •  会社案内
  •  
     HOME > 工法のご紹介
    サクライホームでは、ツーバイフォー工法2×6(枠組壁工法)を取り入れてます
    優れた住宅性能をもつ2×4工法で使用する構造材料のうち
    外周部の壁をインチアップしたものが2×6(ツーバイシックス)工法。
    2×4工法の約1.5倍の壁厚を誇り、耐震性・耐久性もアップしています

    さらに、2×4の場合では、断熱材は100mm、2×6では140mmにして断熱性を高めています。

    北欧型の2×4では柱の間隔が通常600mmのところ407mmにしており強度を増しています。
    室内側の壁に対して、内壁にも9.5mmの合板を入れて強度を増しており他にはない強度を得ております。

    床の根太間隔は、通常450mm →407mmにしてたわみ強度を高めています。

    二階根太についてもTJI(木質系H工)を採用し軽くて丈夫な構造。
    しかもTJIでは一階への反響音が大幅に軽減される効果も同時に得ております。
    2x4では広い部屋がとりづらいと思われがちですが、TJI工法により、より広い部屋の間取りが取れます。

    木造でもある2×4(ツーバイフォー)住宅は、日本の気候環境にもマッチ、30余年、安全で快適な住まいとして
    日本でも多くの皆様に愛され、ここ数年、年間約10万戸が建設され、既に全国で180万戸が建っています。
    メリット
    1. 気密・断熱性能のレベルが一般住宅と比にならない。本物の高気密・高断熱住
      (暖房器具は1軒に1台で十分)
      さらに、サクライホームでは、ふきぬけを作り空気を対流させ家全体の温度を平均化させます
      (ふきぬけ構造は「寒い」と思われがちですが・・決してそのような事はありません)
    2. 壁面と床面の面構成で形成するので耐震性能が高い
    3. 壁内、床面にファイヤーストップ材があるので、耐火性能が高い
    4. 当社工場にて壁パネルを製作するので精度の高いパネル製作が可能
      及び全棟完全フリープランが可能です。
    デメリット
    1. 気密性能が高い為、室内の音反響が大きい
      サクライホームではTJI(木質系H工)を採用しているため二階から一階への反響音を
      大幅に軽減させております
      対策:カーテンなどの音を吸収するものを取り付ける
    2. サッシが木製の為、3~5年に一度、塗装が必要(方向により差がでます)
      塗装についてはお客様にて塗装していただきます
      メンテナンスフリータイプとして、外部の木部にアルミを装着したものもご用意しております
    3. 冬でも家の中が暖かい為、食料品などを出しておくと早く腐敗してしまうため
      必ず冷蔵庫にて保管する
    4. 気密が優れているので、使用する暖房器具を選ばないといけません
      (オイルヒーター、電気式ハロゲンは等、室内の酸素を燃焼しない暖房器具を使用)

    サッシの構造については三層構造木造サッシ
    複層Low-Eガラスとアルゴンガス注入により、高い断熱性を実現

    Low-Eガラスとはガラス面に金属膜をコーティング、放射率を下げ
    赤外線を反射させ、熱を通しずらい、断熱性が高いガラスです
    Low-Eガラスの金属膜方向により
    寒冷地や暑い地域の両方に対応した断熱性を維持します
    グラスウールについて

    通常の防音工事などで使われるのが 10KHG ですが
    サクライホームでは 24KHG を使用しています
    この24KHGの性能をフルに発揮させるためのノウハウにて施工いたします。
    2×4工法では強制的に人口乾燥させた木材を使います

    通常、パネルは現場にてフレーミングしておりますが
    工期日数がかかり雨や湿気により水分を含み、壁体内結露を起こします
    このため、木材が腐り、住宅寿命が極端に短くなります

    これを防ぐため、サクライホームでは自社工場内にて製作をしております
    サクライホームの家には、長年のノウハウが数多くあるため「信頼された専門業者」にて施工し
    お客様の「こだわり」にお答えいたします
    また、ホームページでは書けない工法がたくさんありますので、詳しくは展示会にてご説明いたします。

    熱損失率について(数値)一般的な業者では坪単価50万の家でも100万の家でも 同じような数値をだしていますが、実際には個々の家の設計構造において変わりますので お客様の目の前にて測定しております

    サクライホームで建てた家で「太陽光パネル」を装着するとかなり有効な設備となり
    おおむね10年から15年でもとがとれます。 (本物の高気密・高断熱性能のため)
       
    トップ施工例のご紹介新築施工例リフォーム施工例造付家具紹介工法の紹介現場見学会住宅資金情報会社案内プライバシーポリシーお問い合わせリンク
    © SAKURAI HOME Co.,Ltd. All Rights Reserved.